Jazz Guitar iiVI’s blog

ジャズギター関連、エフェクター、DTM、etc.のブログ

Tribit & ZOOM G1 FOUR

f:id:jazzguitar251:20220103170933j:plain

 

先日、TribitでEd Bickertを聴きながら風呂に入っていたのですが、ほぼギターの音だけになった時に、こんなに小さいスピーカーなのに結構いい感じにギターの音が出てるなと思いました。

このスピーカーをアンプ代わりにできないかなと思いついて、ZOOMのG1 FOURをTribitのAUX端子に接続してみたら、かなり良い感じでした!

 

Tribitが元々かなり低音がよく出るオーディオ用のスピーカーなため、同じサイズのミニギターアンプと比べるとかなりハイファイな音質で、G1 FOURで作った音がかなりストレートに出てきます。例えばKATANA-MINIのような音量は出せませんが、音質という点ではKATANA MINIよりもかなり良いです。LITTLE JAZZをかなり小さくしたような感じの音が出ます。LITTLE JAZZのように高音が全然出ないということはないので、ギターのトーンはかなり絞る必要がありますが、絞ることでかなり良い具合のジャズ的なクリーントーンを出せます。

ただ、とても惜しいのですが、AUX端子に有線で繋いでいるにもかかわらず、なぜか僅かなレイテンシー(遅延)があって、弾いた感触が僅かに気持ち悪いのです。かなりレイテンシーを短く設定したオーディオインターフェイス越しにモニターしている感覚です。たとえばソロギターを1曲通して弾けないとかそこまでな感じではないのですが音が良いだけにとても惜しいです。感覚ではXV-U2で発生するレイテンシーと同じくらいかそれよりちょっと長いくらいの遅延です。

なぜかこのスピーカーはAUXからの音にコンプレッサーが掛かっているので、多分その処理に使うDSPチップか何かのレイテンシーでしょうか?

 

おもちゃアンプのちゃちい音も好きなのですが、こんなに小さいのにかなりハイファイな音の出る感覚も楽しいですね!

こういう電池駆動のできるハイファイなスピーカーにちょっと興味が出てきました。

G1 FOURも電池駆動なのでキャンプとか電源のない環境で基本はBluetoothスピーカーとして使って、たまにギターも弾ける感じ。

 

って、そういう商品既にあったような…

KATANA-AIRがまさにそういう製品ですね。あれってBluetoothスピーカーとして使った時に結構音良かったりするのでしょうかね。ギターアンプがメイン用途ですが。

 

とりあえずTribit&G1 FOURの組み合わせがかなり面白かったので、もうちょっと大きめのAUX端子のあるBluetoothスピーカーが気になってきました。

 


jazzguitar251.hatenablog.com