Jazz Guitar iiVI’s blog

ジャズギター関連、エフェクター、DTM、etc.のブログ

友人のギター物色に付き合う

先日御茶ノ水で友人のギターの試奏に付き合いながらいろんなギターを見ていたら、なんかまたギターが欲しくなってしまいました。

途中LUUPを借りて秋葉原千石電商に行きました。

East River Driveのノブの一つを交換する時にポットを壊してしまったので、似たようなポットがあるか店員さんに探してもらったのですが、残念ながらありませんでした。気に入っていたのでまた中古で安く見つけたら買い直そうと思います。

千石電商ではフットスイッチハットだけ購入。

スイッチハット2個を接着剤でくっつけてペダルに装着。

薄ボディのフルアコで、ネックが分厚くないのにネックの振動が少なく、ピントの合ったタイトな音で3kg以下のネックダイブしないギター(ミディアムスケール)が欲しいです。多分けっこう難しい条件なんだと思います。

CASINOは結構ネックが振動するし、ぼんやりした音なんですよね…。ピックアップ換えたら少し良くなりそうですが。

そうなると現実的な価格ではAMH90AT130くらいしか選択肢がない?

条件から「フルアコで」をなくせば結構あるような気はします。というかいつの間にかギター物色してました。AMH90AT130どちらも試してみたいです。


↑これなら条件全て満たしてそう!ハイフレットも弾けそうだし!

 

COMINS GCS-1はとても気に入っているのですが3.4kgと、ちょっと重いんです。

そういえばまだストラップピン穴は空けずに吸盤のまま弾いています。

吸盤は全然外れないし、いざ穴を開けるとなると本当にこの場所でいいのか?と決断できないというか、もう少し様子を見たい感じです。