Jazz Guitar iiVI’s blog

ジャズギター関連、DTM、etc.のブログ

Work Drugs / MARCH ON

フィラデルフィアのデュオWork Drugsが新EPをリリースしました。

彼らを何で知ったのか覚えていませんが2011年の1stアルバムから聴いています(専らbandcampで)。2011年から毎年コンスタントに作品を発表しています。

f:id:jazzguitar251:20200717113846j:plain

アノラック系AORというか、脱力系インディシティポップというか、とにかくインディ感が凄いのですが、センスが一貫していて全くブレません。

凄い好きで頻繁に聴くかというと全くそうではないのですが、たまに聴きたくなります。今回のEPはアレンジと音像が今までとは一味違う感じがして、次のアルバムの予告編として結構期待させられます。

夏の夕方の海岸ドライブに合いそうな音だと思ってます。とにかく薄味なのがいいと思ってます。

 

こういう感じでもう少しちゃんとした感じの

Benny Singsを思い出しますが、あちらはオサレ感が鼻につく感じもあり(これはこれで好きです)、クセがありますね。クセのあるコード進行のマイケル・フランクスという感じでしょうか。


マイケル・フランクス大好きです。

 

Work Drugsのようなピュアな感じ&全く背伸びしてない、クセのない、淡麗感というか、全く頭を使わず聴ける感じが、日焼けして疲れた帰りの車の中に合うと勝手に思っています。