Jazz Guitar iiVI’s blog

ジャズギター関連、DTM、etc.のブログ

ストラトキャスター トレモロアームのガタツキ解消

長年愛用しているストラトトレモロアームが微妙にガタついている事がずっと気になりつつ、そんなにアームを使う頻度も高くないし、気にしないように努めていました。

でも、先日パーツをピカールで磨いたりピックガードに空けた穴をパテで埋めたり、きちんとメンテナンスしたので、アームのガタつきも直したくなってきました。

たしか10年以上前に、アームがブランブランな状態が気になるようになったのでアームテンションスプリングを入れて解決しました。

このテンションスプリングによってアームの回転方向の問題であるブラブラ感は今も回避(好みの位置で固定)できているのですが、年月を経てアームのネジ穴が擦り減ってきているのか、アーム操作にほんの少しガタツキ(あそび)があるのです。

これが地味に不快で、アーム操作と感覚の直結感を損なうのです。

 

それを解決するために検索したところ良さそうな方法を見つけました

私はいつもアメリカ製の楽器や機材に関しては英語で画像検索します。色んな方法で対処した写真がヒットします。画像で検索した方が探しやすいと思うからです。

 

他にもネジ全体をテープで巻く方法もヒットしたのですが、それだと使っているうちにネジ穴にテープが詰まって取り除けなくなりそうな気がしたので、上の熱圧縮チューブの方法が良さそうに思いました。

そこで実験的に、とりあえずただのセロテープで同じように巻いてみました。

 

f:id:jazzguitar251:20210518152725j:plain
ノギスの間の部分(ちょっとだけネジにかぶる程度)を2回転くらい雑に巻いてみました。

 

 

f:id:jazzguitar251:20210518152915j:plain
テープが見えてますが全然気になりません。見えないように巻くことも簡単にできそうです。

 

 

たったこれだけで完全に解決しました!アーム操作が感覚と直結しました。

全くあそびがなくカタカタしません!

ほんの僅かなカタつきがなくなっただけでこんなに快適なるとは…

 

多分またそのうちカタカタしてきたらテープを巻き直す感じかもしれませんが、その時は熱圧縮チューブを試してみようと思います。

f:id:jazzguitar251:20210518153042j:plain