Jazz Guitar iiVI’s blog

ジャズギター関連・etc.のブログ

君は1000% / SUPER★DRAGON


先日、オメガトライブのこの曲いい曲だし、今が旬なんだろうねと友人と話題になって、youtubeで検索したら出てきたSUPER★DRAGONというグループのカヴァー・ヴァージョンなのですが、この最初の方で歌っている方がカルロス・トシキをかなり良い感じに真似ていて、あーいいなーと思って聴いていました。

でも、途中で何度かハッとする瞬間があったのです。

私含めこの曲を子供の頃に聴いていた世代ならすぐに違和感を感じられると思うのですが、0:42「何故~」の「ぜー」のコードがBのマイナーになっていて(メロディと半音でぶつかっていて)暑い時に聴くと寒気を感じることができます。

また、0:53「近づく」のところ、苦虫を噛んだような現代的な響きになっています。

そして、1:11「見たー」の「たー」の直後のBのコードがまたメジャーなはずがマイナーになっています。ここはメロディとぶつかってないので新しい解釈でクールに?流したのでしょうか。

 

全体的には完コピを目指している雰囲気を感じたので、すごく惜しい!と思いました。特に歌(のディレクション?)はかなり頑張ってるし。1000パーセントのパーにアメリカンテイストを混ぜた発音とか、ちょっと不自然な日本語の発音とか、お!って思いましたよ。You know what I mean?