Jazz Guitar iiVI’s blog

ジャズギター関連、エフェクター、DTM、etc.のブログ

Wilkinson(ウィルキンソン)のペグ

f:id:jazzguitar251:20220404220258j:plain

Epiphone SG Special VEのペグをクルーソンタイプのペグに交換しました。

できればGOTOH製が良かったのですが、ポストの長さが足りなかったのでウィルキンソン製のものにしました。

WILKINSONのペグは韓国製で格安なのですが私のCOMINSのセミアコにも付いていてかなり快適な使い心地です。

元から付いていたペグはサウンドハウスの8000円ギターに付いていたものと多分同じ物でペグの動きがスムーズでなく使い心地はかなり悪いです。

元のブッシュも取り外して交換しようと思ったのですが、新しいブッシュの方がほんの少し大きく、穴を広げないと入らない感じだったのでそのまま流用しました。

ロームとニッケルで微妙に色合いが違うのでやっぱりそのうち交換かな…。

f:id:jazzguitar251:20220405175947j:plain

 

f:id:jazzguitar251:20220405180027j:plain

 

f:id:jazzguitar251:20220405201348j:plain

 

↓元のペグ

f:id:jazzguitar251:20220405183038j:plain

f:id:jazzguitar251:20220405180052j:plain

ペグ交換後の重量は2.91kgでした。家でも立って弾くことが多いのですが、このくらい軽くて、且つヘッド落ちしないバランスだとかなり楽です。

ペグの重量の分、少しヘッド側が軽くなったはずですが、もとからヘッド落ちしないギターだったのでバランスは特に変わらず、チューニングはかなりしやすくなりました。